大分市、別府市周辺エリアの中古住宅・不動産売買専門ウェブサイト「売りたい買いたいネット」の想い

売り買いネット > 「売りたい買いたいネット」の想い
売り買いネットについて
「売りたい買いたいネット」の想い
売りたい買いたい

「売りたい買いたいネット」がお伝えしたいこと その1

若い

住宅をもっとも欲しい子育て世帯は、住宅ローンなどの返済に追われてしまう傾向にあります。 住宅を購入すれば毎月のご返済で家計を圧迫してしまうことは本当に解消出来ないのか? 昇給が見込みにくい現在の景気状況で、「家を買う=ローンを背負う」は本当にリスクが高いのか? 
「売りたい買いたいネット」のサービスをフル活用いただけば、きっとこの問題は解消できます。

詳細はこちら

「売りたい買いたいネット」がお伝えしたいこと その2

若い

現在の日本における住宅の平均寿命は、木造住宅の場合、25~30年と言われています。 日本の技術力は世界的にも高いにも関わらず住宅寿命が短いのは、住宅を造っては壊す「スクラップ&ビルド」という考え方があったからです。 

若い

造っては壊す消費型の「スクラップ&ビルド」の住宅政策から良いものを造ってきちんと手入れして長く大切に使うという「ストック」型(既存住宅)への政策転換が行われています。

詳細はこちら

「売りたい買いたいネット」がお伝えしたいこと その3

若い

2006年に制定された「住生活基本法」がきっかけでこれまでの造っては 壊す「スクラップ&ビルド」型の住宅政策から「ストック」型重視の住宅政策への大きな転換点となりました。 

若い

既存住宅では、築年数や使われ方によりその性能に大きく差があります。 既存住宅(=中古住宅)購入に際して、これは大きな問題となり購入者の不安材料となっています。

詳細はこちら

「売りたい買いたいネット」がお伝えしたいこと その4

若い

新築住宅の価値は購入した瞬間から下落を始め、約20年ほどで価格の下落が止まる傾向にあります。そのため、新築住宅に比べて既存住宅は今後価値が下がるリスクが小さく、実は新築住宅に比べて資産として優良であるといえます。

若い

家はいつが買い時なのか・・・?
ひとつの目安としては、景気対策として住宅建築や不動産流通を国が進めている時は買い時です。

詳細はこちら